不動産査定をする前に揃えておきたい必要書類

不動産を売却するときには様々な書類が必要となってきます。この書類は自分の持っている不動産の詳しい内容を相手に伝えるために大変重要な書類となりますので必ずそろえられるものは事前に準備しておきましょう。

まず初めての不動産査定の時にはお手軽な簡単一括不動産査定などを利用するのが良いでしょう。そこから話が進みいよいよ現実的に売却をとなった時に必要な書類をまとめてみます。

不動産査定に必要な書類まとめ

まずは身分証明書、実印、印鑑証明書、住民票が必要となります。これらは売主側の身分を証明するために必要な書類となります。

印鑑証明書や住民票などは市役所などで取得する必要がありますが、最近ではマイナンバーカードを利用してコンビニエンスストアでも写しが取得できるようになっているようです。

また各種書類は取得後3か月以内のものが必要となりますので注意が必要です。

登記済権利書(登記識別情報)

売却物件の確認をする際に必要な書類です。また登記の際にも必要となります。

固定資産税納税通知書(固定資産税評価証明書)

税額の確認のために必要な書類です。(固定資産税や都市計画税など)

ローン残高証明書(ローン返済予定表)

自分の所有する物件のローンが残っている場合にこちらが必要になります。
ローンがどのくらい残っているのかというところを確認するために必ず必要な書類です。

銀行口座書類

こちらは実際に不動産が売れた際に振り込まれてくる口座になります。
売却金額から必要費を引いた金額が振り込まれます。

土地測量図と境界確認書

こちらは隣の家との境界線やその不動産の範囲の確認に必要となります。
土地や戸建ての場合に必要な書類です。

建築確認済証(検査済証)

建築基準法に適合しているのかどうかというのを判断するために必要な書類です。

建築設計図書と工事記録書など

その物件の工事の記録や設計の記録を確認します。

マンションの規約

こちらはマンションの場合はそのマンションの管理に規約があります。新しく住む人にそちらも踏まえて販売する必要があります。

その他もしあれば提出すると優位になるものは耐震診断報告書とアスベスト使用調査報告書。購入時の契約書やパンフレットもあれば一緒に提出すると良いです。

以上売却時に必要になってくる書類をまとめてみました。家にあるはずだけれどどこにあるのかな?というような書類もあるのではないでしょうか。まずは売却を考え始めたら、家にある書類をまとめて一つにしておくといざという時に便利です。

コメントを残す