不動産査定書の作成方法

不動産査定書とはどんなものでしょう。不動産査定書とは不動産を査定した書類となります。この不動産査定書はどんなところに依頼をすると良いのでしょうか。

不動産査定書の種類

不動産査定書には2つのタイプがございます。ひとつは不動産会社が製作する不動産査定書、もうひとつは国家試験を持っている不動産鑑定士が製作する不動産査定書の2つがございます。

不動産会社が作る不動産査定書

不動産会社が作る不動産査定書は無料で作ってもらうことが出来ます。
それに対して不動産鑑定士が作る不動産査定書はそれなりの費用(15万円くらいから)が掛かります。

不動産鑑定士が製作する不動産査定書

不動産鑑定士が製作する不動産査定書は宅地建物取引業法に基づき製作されるものでありこれは個人に製作にかかる費用を請求できないという決まりがございますので無料となります。

公益財団法人不動産流通推進センターで不動産査定書のマニュアルをダウンロードすることが出来、またこれに基づき作成されます。

特に評価の決まりはございませんので査定が不動産会社によりばらつきが出てくることもございます。

不動産の経済価値から不動産鑑定士が評価します。こちらは遺産相続など公的な手続きの際に使用することが出来る正式な不動産査定書となります。

不動産査定書には上記の2つがございますが普通に売却目的での不動産査定書が必要な場合は前者の不動産会社が製作をする不動産査定書で良いでしょう。

不動産査定書はどこで頼んだらいいの?

またいざ不動産査定書を頼むにあたりどこに依頼したら良いかわからない場合は、まずはインターネットの不動産情報サイトなどから一括査定をしてみると良いでしょう。

ここで一括査定を申し込むといろいろな不動産会社から査定が届きます。その中からここに頼みたいといった不動産会社をいくつかピックして、査定を依頼すると良いでしょう。

ここで実際に査定を依頼する時には必要書類がいくつかございますのでしっかりとチェックして書類をまとめておきましょう。

不動産は定価がございませんので、この書類が重要です。建築した時の設計書などを参考にして価格を決めていきます。

また土地の範囲なども明確にする必要がございます。そして忘れてはいけないのが身分証明書です。これは住民票、印鑑証明書、実印といったものが必要になりますのであらかじめ準備しておくと良いでしょう。

不動産査定は何となく難しいようなイメージですが、まずは簡単に第一歩を始めてみると良いでしょう。何事も最初がスムーズに進むと後もスムーズに進むものですね。

コメントを残す