不動産査定の価格ってどうやって決めているの?

初めての不動産査定は自分の所有している不動産の価値を知るという意味でも一度やっておくと良いかもしれません。

不動産の価格というのはざっくりこのぐらいというのもなかなか想像がつかないものです。

不動産は同じものは存在しませんので価格はそれぞれその条件や立地などにより決まってきます。

定価が無いものですのでいわゆるその不動産をあらゆる方向から評価をして価格を決めます。

不動産の価格って誰が決めるの?

またその価格を査定する方法は大きく分けて2つございます。まず一つ目は不動産会社による査定です。

これは不動産会社の社員がその不動産の価値を査定してくれるものです。立地や建物が建っている場合はその築年数や建築の資料などを照らし合わせ実際に査定してくれます。

またこの査定は費用は掛かりません。不動産会社が無料で行っているサービスであり、また不動産会社が不動産を査定する場合は料金を取ってはいけないという決まりがございます。

そして不動産会社からしても不動産を売却したいと考えている人はお客様なので無料で査定をするメリットが十分にあるのです。

またもうひとつの不動査定は、不動産鑑定士による評価、鑑定となります。これは有料となります。

また費用も15万円から30万円ほどと高額な費用が掛かってきます。国家資格を持つ不動産鑑定士が情勢や土地、立地、建物などあらゆる方向からその不動産を評価して鑑定します。

これは例えば相続の時など正式な鑑定書として提出をしなくてはならない場合などに利用する不動産査定です。

こちらは不動産会社の査定とは違い評価項目が決まっており、それに基づき査定していくものです。

1つの不動産に対して2人以上の権利者が居る場合など価格を明確にしなくてはならない場合はこの不動産鑑定士による鑑定が必要になってきます。

実勢価格

実勢価格というものがあります。これは簡単に言うと相場ということになります。
不動産も例えばAの地域の同じ道路に面している住宅街という場合隣のお宅がいくらで販売されているというような相場で見ることもできます。

もちろん角地や日当たりといった面や東西南北どちらに面しているという事もございますが、その地域ご近所さんの販売実績をみれば大体の相場が分かるという事にもなります。

何か相続などの手続きではない限り正確な価格というよりは大体の査定を出してもらえばそれで事足りると思いますので無料の不動産査定を行う方がほとんどです。
まずは問い合わせてみると良いでしょう。

コメントを残す