不動産査定用ソフトの活用方法

不動産査定というとなんとなく面倒とか難しいといったイメージがある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな不動産査定ですが、実はこの不動産査定にはいわゆる資格のようなものはなくその道に詳しい人が査定をすることが出来ます。

例えば相続など2名以上の人でその資産を分ける場合などは不動産鑑定というものでその価値を評価してもらう事で明確にします。

これは国家資格を持った不動産鑑定士が鑑定します。それに比べ最初に挙げた不動産査定は簡易のものですのでインターネット上でも無料で査定が出来ます。

不動産査定用のソフトは個人でも使える?

また不動産査定用のソフトがあります。このソフトはインターネットで不動産査定ソフトと検索をすると色々と検索することが出来ます。

ソフトは有料ですが、個人の使用に限り無料で使えるソフトも多くございます。これは営利目的で使わない、個人の不動産物件を査定する事のみで使うことが出来ます。

また最近ではスマートフォンやタブレット端末用の不動産査定アプリというのがございます。これもとても手軽に査定を出来ますので入れておくと便利に使うことが出来ます。

有名な不動産査定ソフトではタスマップというソフトがあります。あらゆる事例を自動で考慮して査定をしてくれるので実際の査定額に近い価格が分かるので信頼性の高いソフトです。

このソフトは使った分だけの重量査定制なので、使いやすいソフトです。

個人でも使いやすいスマホ用アプリもある

個人の方でも使いやすいソフトはスマートフォンアプリやフリーの不動産ソフトが便利ですね。フリーソフトでしたら金額を気にせず使うことが出来ます。

またインターネット上の査定サービスもございます。インターネットでの査定も簡単に査定することが出来ますし、また大体の査定額を把握するのにはとても良いです。

まとめると基本的には不動産査定ソフトは不動産会社向けに元々開発販売されているソフトであるので個人で使用することはほとんどないと思われます。

しかしその中でも無料で個人の方が個人所有の査定目的で使えるようになっているソフトもございます。ただし専門の知識がないとなかなか使いこなすのが難しいようです。

スマートフォン用のアプリはもう少し個人の方が使いやすくなっておりますし、スマホのアプリサイトからダウンロードするだけですので気軽にお使いいただくことが出来るのではないでしょうか。

まずは手始めにインターネット一括査定サイトで査定をしてみるのが分かりやすく簡単に大体の査定額が出るのでお勧めです。

コメントを残す